• 和紙タペストリー
  • 和紙タペストリー
  • 和紙タペストリー
  • 和紙タペストリー
  • 和紙タペストリー
  • 和紙タペストリー
  • 和紙タペストリー

    染料になる草花はもちろん、個人的に好きなハーブや草花を30年かけて育ててきた、山形の染め工場、草木工房瓶屋のお母様。

    お母さんの畑はまるで山形にシェパニーズなの?!とつい伝えてしまったほど、好きがいっぱい詰まっている花畑。無理をしすぎず自然体に育った草花の自由さが、成長過程を物語ります。

    そんな彼女がご自身で育てた草木の染料を染める相手の一つとして選んでいるのが楮(こうぞ)という植物からできている、みなさんご存知の和紙。

    既成の糸を使わずに、和紙を丁寧に家族総出で糸にして、その糸で同じ楮ですいた和紙を縫い合わせて形成された、植物の生まれ変わりとも言えるアート。

    全て、手作りで時間をかけて自然の流れと共に作り上げられ逸品。


    楮の繊維は、太陽の光があたることで、生成りだった色が白くなっていく。

    つまりは「用紙」が普及する前の、手漉きの「和紙」の特性は、時が経てばたつほど、白くなり、明るい光を空間に運んでくれるんだという。


    そんな植物と人間の手だからこそ生まれる自然の揺らぎを感じる作品を、草花を飾る感覚でディスプレイしてみてはいかがでしょう?

    <サイズ>
     高さ:145cm
     幅 :62cm

    regular price
    ¥41,800
    販売価格
    ¥41,800
    regular price
    sold out
    単価
    あたり 

    -

    +

    配送方法

    簡易配送、または店頭引取が可能な商品です。簡易配送は日時指定はできません。ご了承ください。